新規無料ユーザ登録はコチラ
スポンサー紹介

携帯版4enサイトへのアクセス方法

4enでは現在スタッフを募集しています

活動詳細

4enでBLOGを運営する活動内容の詳細を紹介するページです。

NPOこうべミャンマーかいこうかい

支援活動紹介文

梅干しの漬け方を指導する南部の内川さん 日本語スピーチコンテストで1〜3位独占 看護師育英金授与式の赤いロンジーが学生 上:梅干しの漬け方を指導する南部の内川さん 左下:日本語スピーチコンテストで1〜3位独占 右下:看護師育英金授与式の赤いロンジーが学生 『農業支援』2001年にシャン州ピンウールイン市に梅を植林、現在245本、2008年以降梅干しと梅酒に製品化。マラリア対策として除虫菊栽培。地球温暖化防止のためにマングローブ植林、イラワジ河河口のオッポ村(2006年)アレイワ村(2008年)メインマラ島7万5千本(2008・09年)。『福祉支援』無医村に看護師常駐を図るため毎年4人分の看護師奨学金。ヤンゴンとピンウールインの盲学校へ英語点字本寄贈。児童施設へ衣料や文具を寄贈。『教育支援』日本語学校へ教師の派遣、図書、教育資材、英和・和英辞典、日本語検定学習書出版費。
ピンウールイン市小学校に校舎1棟と日本の絵本にミャンマー語翻訳をつけ寄贈。
2008年5月ミャンマー南部をサイクロンが襲来イラワジ河河口のアレイワ村小学校流失。
『救援募金』活動開始。寄せられた募金でアレイワ村小学校とヤンゴン市内シュダゥンタイテッ僧院学校を建設・寄贈。

支援金使途

『農業支援』農業振興を図るため、梅の木の取り木をして梅の増植。除虫菊をマラリア対策と農地害虫駆除のため作付け面積の拡大。果樹園の拡大を図る。地球温暖化防止のためにマングローブ植林の継続。農作業用の井戸の掘削など。
『福祉支援』無医村に看護師常駐を図るため看護師奨学金制度の継続。ハンセン氏病村の住民に、小学生には奨学資金を、村民には職業訓練資金。盲学校へ英語点字本の寄贈。
『教育支援』ティンミャンマー日本語学校へ日本語教師の派遣。日本語検定学習書出版費の援助。イラワジ河河口、サイクロン被災地区の小学校の補修と椅子・腰掛や教材支援。
『サイクロン募金』はヤンゴン活動事務所を通じて必要な支援活動を支え、被災地の小学校再建支援を行います。

郵便振替口座00910−6−123580加入者名「特定非営利活動法人神戸ミャンマー皆好会」通信欄「寺子屋建設募金」「看護師奨学金募金」

スポンサー紹介